お久しぶりです。たっくんです。

 

皆さんは、新型コロナウイルスワクチン接種を受けられましたでしょうか?

 

私自身は先月、一回目の接種を終えました。特に発熱等の副反応は起きませんでしたが、翌日接種した部分に少し痛みが出る程度でした。最近は、副反応よりも感染予防の方が重要である風潮がありますよね。

 

メリット

一番のメリットはやはり感染予防効果です。ワクチンは自身の体に抗体を作ることで予防だけでなく、感染後の病状軽減や重症化・後遺症になるリスクを下げる効果があると言われています。私の見解では、メリットの方が大きいのではないかと考えます。私自身も持病があるので、万が一感染しても症状が軽減出来るというところを優先しました。

 

デメリット

一番のデメリットは副反応です。国内で接種が進むファイザー社製のワクチンの副反応は、体内の免疫反応に伴って生じる接種部位の痛みや発熱、疲労感、倦怠感などです。。とくに接種2回目の疲労感や頭痛は過半の人が感じるなど、他のワクチンよりも発生頻度が高くなっているそうです。まれに起こる副反応には、ワクチン成分に対して起こる激しいアレルギー反応、アナフィラキシーになってしまう人もいるそうですが、適切な治療で、日本で亡くなった方はいません。

 

ワクチンを受けるか受けないか?

「どちらのリスクを選択するか?」であると思います。

受ける場合のリスクである副反応と、受けなかった場合のリスクであるコロナウイルス感染、重症化です。どちらの方がリスクが高いのかは正確には分かりませんが、どちらを選ぶかは、個人の考え方によると思います。ですので、受けた人が偉いとか、逆に受けなかった人を責めるというのは違うと思います。