こんにちは!ひらちゃんです。

コロナ禍において、昨年の東京オリンピック・パラリンピックは中止されてしまいましたね。私はパラリンピックを現地で観戦するつもりでしたので、とてもショックだったことを覚えています。今年に入ってもコロナが収束していくのかどうかわからないですが、聖火リレーも始まり、東京オリンピック・パラリンピックが開催されるようですね。今年開催することに賛否両論あるようですが、、、約50%の人が開催しないでほしいと思っている。なんていうデータもあります。

そんなことを考えながら、ふとパラリンピックっていつから始まったんだろう。と疑問に思いました。なので、パラリンピックの歴史について調べてみました。

 

パラリンピックの起源は1948年、ロンドン郊外のストーク・マンデビル病院内で開かれたアーチェリーの競技会だったそうです。当初は、競技というよりは傷痍軍人のリハビリの一環で行われていたそうです。そして回数を重ね、1952年に国際大会となったそうです。

 

今となっては、23種もの競技となり、アスリートの競技となっていますが、もともとはリハビリの一環だったとは、まったく知りませんでした。

 

※ちなみにパラリンピックの言葉の意味は「もうひとつの(Parallel)+オリンピック(Olympic)」という意味だそうです。これも知りませんでした。

 

物事の成り立ちを調べるって面白いですね。みなさんもぜひ調べてみてください。