本日より、職場適応援助者養成研修がスタートしました。

職場適応援助者とは、ジョブコーチとも呼ばれ職場に出向いて、障害特性を踏まえた直接的で専門的な支援を行い、

障害者の職場適応、定着を支援する目的で、厚労省の養成研修を受講した者のことです。

岐阜県では平成26年度からこの養成研修を開催し、かつ県内企業からの受講者に対して、要件を満たす場合に受講費用の

1/2を助成しています。岐阜県ジョブコーチ養成研修

ジョブコーチには配置型と訪問型、企業在籍型の3つがあります。(以下厚生労働省のHPから)

配置型と呼ばれるのは、地域障害者職業センターに配置するジョブコーチです。就職等の困難性の高い障害者を重点的な

支援対象として自ら支援を行うほか、訪問型ジョブコーチ及び企業在籍型ジョブコーチと連携し支援を行う場合は、効果的・効率的な

支援が行われるよう必要な助言・援助を行います。

訪問型は、障害者の就労支援を行う社会福祉法人等に雇用されるジョブコーチです。高齢・障害・求職者雇用支援機構が実施する

訪問型職場適応援助者養成研修又は厚生労働大臣が定める訪問型職場適応援助者養成研修を修了した者であって、必要な

相当程度の経験及び能力を有する者が担当します。

企業在籍型は、障害者を雇用する企業に雇用されるジョブコーチです。機構が実施する企業在籍型職場適応援助者養成研修又は

厚生労働大臣が定める企業在籍型職場適応援助者養成研修を修了した者が担当します。

ジョブコーチ支援は、一般的・抽象的なものではなく、対象障害者がその仕事を遂行し、その職場に対応するため、具体的な目標を定め、

支援計画に基づいて実施されるものです。

障害者本人だけでなく、事業所や障害者の家族も支援の対象とします。ジョブコーチが行う障害者に対する支援は、事業所の上司や

同僚による支援(ナチュラルサポート)にスムーズに移行していくことを目指しています。

岐阜県ではすでに多くのジョブコーチが企業で活躍していますが、今後の障害者雇用の促進に向けてさらに増えることが望まれています。

障害者が働きやすい環境作りと企業での戦力化に向けて一緒に取り組んでいきましょう。

岐阜県障がい者雇用企業支援センターで、毎月発行している機関紙「ビジネス&ハンディキャプト」などで、

岐阜で活躍するジョブコーチを「清流のジョブコーチ」として紹介しています。

まずはジョブコーチという制度を皆さんに知ってもらえたらと思います。

ジョブコーチに相談したい企業様、障害者の方はいつでも「岐阜県障害者雇用企業支援センター」までご連絡ください。

センターより派遣も致します。

 

♪ アニモはMan to Man グループの特例子会社です ♪

◆ http://www.man-to-man-g.com 【Man to Man 株式会社】
◇ http://www.animostyle.jp/ 【Man to Man Animo 株式会社】
◆ http://www.mmg-passo.com/ 【Man to Man Passo 株式会社】
◇ http://www.ligament-next.jp/top/ 【障がい者就労支援事業】
◆ http://www.linkasia.jp/ 【グローバル人材就労支援事業】

blog_logo02

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Man to Man Animo(マントゥマンアニモ)株式会社
精神・発達障がい者の就活・定着サークル
「ナカジマゼミ」by animostyle!  パッソ名駅校にて開催中
岐阜県岐阜市金町8丁目20番地1グランパレホテル6F
TEL:058-215-5511  FAX:058-215-5512
Email:support@animostyle.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆