皆様はじめまして、Man to Man Animo 株式会社の中島と申します。

ブログを開設するにあたり、まずは簡単な自己紹介!

弊社は愛知県名古屋市にある総合人材サービス業、Man to Man 株式会社の特例子会社です。

「特例子会社」とは、障害者の雇用に配慮をし、障害者の雇用の促進等に関する法律第44条の規定により、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可を受けて、障害者雇用率の算定において親会社の一事業所と見なされる子会社です(Wiki)。

企業には法定雇用率が定められており、障がい者を雇用することが義務付けられています。現在は2.0%となっており、50名以上の従業員がいる企業は雇用しなければなりません。この子会社で雇用していれば親会社やグループ適用会社での雇用とみなされるという制度です。

なんだかまだわかりにくいので、簡単に言い換えると、障がいのある方が活躍している会社です!

本社は岐阜県岐阜市、JR岐阜駅の前にあり、他に名古屋営業所があります。

私たちは障がい者雇用促進と活躍の場を創出する」ことを理念とし、

障がい者の自立支援と多様な人材活用による企業の発展を通じ、地域社会に貢献することを目的とし事業を運営しています。

これらの目的を達成するため、次のような事業を展開しています。

①WEB作成、②電子化業務、③ジョブサポート事業部

どの事業においても、当然ですが障がい者手帳を持つスタッフが中心となり活躍しています。アニモでは、身体・知的・精神(発達含む)すべての障がい種別の社員が活躍しています。今後も一緒に働く仲間をもっと増やしていけるように「ブレない志」を持ち地域ナンバーワンのソーシャルベンチャーを目指します。

私はジョブサポート事業部に所属しています。障がいのある仲間の日ごろの業務等のお手伝いをしています。他にも行政受託事業や企業向けコンサル、ストレスチェックに携わっています。

 

さてそんな中、発達障がいのある学生の支援事業」を始めます。このサイト・ブログにて「若者の就労に必要なコミュニケーション」について考えるとともに、セミナーやサークル活動を行います。センスの良い名前が思い浮かばず、勝手ですが通称「ナカジマゼミ」と名付けています。

これまで多くの障がいをお持ちの方とお会いしました。コミュニケーションを苦手とする方が非常に多かったと感じています。しかしながら、それは障がいのあるなしにはかかわらず、今の若者全体にも同じことがいえます。ひとり遊び(ゲーム・PC)が原因なのか、他の何が影響しているのかはわかりませんが、企業に就職してからコミュニケーションや対人関係に悩み、それが原因で退社する若者が多いことは間違いありません。

せっかく就職したのに、仕事も合っていたのに続けられなくなることは、若者にとっても企業にとっても双方の損失となります。就職活動を支援するとともに、少しでも離職を防止できるように私たちも一生懸命勉強しながらこの事業を進めてまいります。

主な対象は、発達障がい、軽度知的障がいをお持ちの高校・大学・専門学校の学生さんとしますが、一般の学生さん、学生以外の若者についても応援しますのでどしどし参加してください。

コミュニケーションが苦手だったり、自信がないという若者を応援し、地域の企業で活躍できるようサポートします。

コミュニケーション以外にも、SST(ソーシャルスキルトレーニング)、職業観の育成、マナーなど働く大人になるために必要なことを取り入れます。セミナーも開催し、その中でロールプレイやシミュレーションをしたいと思っています。

少しづつ一歩一歩進めていきますので皆さんのご参加、ご支援を宜しくお願いいたします。

≪今後の予定≫

アシスタント紹介

コミュニケーションスキル低下の背景

発達障害とは

地域の取り組み

就職情報